まっくら森の歌

わんこの姫君・凛の想い出、にゃんこの姫君・由との日々。

『アンナチュラル』第7話「殺人遊戯」  

8年前の真相。
重くのしかかって来ましたね、可成り。わくわく。

裏切者。

久部くん、云われちゃったね。とうとう。
あんまり深く考えないで物事に関わるからこんなことになっちゃうのだよ。
これからは行動の前には能く考え給えよ。

殺人中継か~。
現実に何回も起こってることだよね。本当に凄いな、この脚本。
凄すぎる。

「かつてない中堂さんの動き」
ゲラ笑。

この深刻と軽妙の織り交ぜ方、絶妙だな。

「あの人は犯人を視付けて殺す積もり」

そうだよね~。
わしもそうだと思う、中堂センセは。恋人の復讐をする積もり。

「殺した奴は殺される覚悟をするべき」

Sくんにはどの程の、そして何の覚悟があるのかな。どきどき。

同じSでも坂本さんのほうは面白いなw
誓約書を錦の御旗のようにw 生き生きしてるw
ウケるww

自殺か。

凝った死に方するな。若いからかな。
みずからの死に特別な意味を持たせようとする、自意識。
せーしゅんだねえ。

Sくんも死ぬ積もりか。そういう覚悟か。
浅墓だな。
殺すなら自分より、イジメの犯人どもを物理的に殺せばいいのに。
犯人の名前を晒して死んだって、どうせ犯人たちは反省なんかしないよ。

ミコっちゃん、綺麗だな~。
貴方の人生は貴方のものだよ、か。綺麗だね~。

このエンディングの入り方も本当に絶妙。
計算され尽くしてる。凄い。

そしてミコっちゃんはゴハンを食べる。
うつくしい。

おお、赤い金魚。
これが金魚に視えるって、ロマンティストだな。

って。

あ、わしの情緒が壊れてるだけかww
ごめんごめん。
忘れてw

さて。益々次回が愉しみな展開に成って来ましたけれども。
え? 六郎くんのお父さんが伊武さん。…え?
どんな遺伝子の組み換え方したらそうなのるのかな?
いやん、愉しい(*´艸`)



Posted on 2018/02/24 Sat. 15:19 [edit]

category: ドラマ感想

thread: ドラマ感想 - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ashvoid.blog.fc2.com/tb.php/284-5909e6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

あしあと

QRコード