まっくら森の歌

わんこの姫君・凛の想い出、にゃんこの姫君・由との日々。

SNS  

お嬢をお迎えしてから、おさしんをザクザク撮るようになったので、インスタグラムにアカウントの登録をしたのでございますが。
最初のうちはちまちま投稿もしていたのですが、近ごろはサッパリでございます。

ブログのほうはですね、平日はともかく、休日にはちょいちょい投稿しているのですけれども。
インスタがねえ。なんかモチベーションが続かなくて…。

そこで、何故にインスタのモチベが維持できないのか考えてみたのですが。

文章を付けないからかな、と。

インスタって、おさしんがメインコンテンツなので、キャプションの入力については割とどうでもいい感じですよね。
実際、長文のキャプを載せているアカウントも殆んどお見掛けしませんし。
まあ、ブログの記事に毎回長文を付けているかと訊かれると、現実として超短文のことも多々ございますが。

それでも。

わたくしの性分としては矢張り文章を書くことを好んでいるのかなあ、と。

ピクシブも一時期は憑かれたかのように連日投稿しておりましたけれどもねえ。今はサッパリですしねえ。
てゆうか、アカウント消そうかな、ともちょっと思い始めている始末だったりw
何だか色々めんどくさくて…。(またか!
ほら、閲覧数とか評価数とかランキングとか、そーゆうの、鬱陶しくないですか?
巷には閲覧数とか評価数とかを伸ばすために金銭でクリックを売買するくらい気になさる方も居るみたいですけれども、わたくし的には余計なお世話と云うか。
ただただメンドクサイ…。

何と申しますかね、わたくしにとっての表現って割と排泄とイコールなところがあると申しますか。

その点、ツイッターは楽でございますねえ。
日々、思ったことをそのままダラダラと垂れ流す感じが。このうえなくラクいw
ツイッターでもリツイ数とかファボ数とかを稼ぐことに血道を上げる方もいらっしゃるようですが。わたくしの場合は矢張り排泄的なアレでしてw

インスタとピクシブとツイッターと。

ツイッターがワタクシ的には最も脳と直結してる感じがございますね。
次点でブログ。

おのれの嗜好や思考を整理とか解析とかするにあたっては「表現」することが一番だと思うのでございますが、その時に「体裁」を整えることを必須にしてしまうとラクじゃないのですよね。
いつぞや、ツイッターでインスタ映えとフェイスブック映えとツイッター映えと称して、ガンダムの登場人物たちが、戦隊モノのように正装で決めポーズをとっているインスタ映えと私服できゃっきゃうふふしているフェイスブック映えとセーラー戦士の恰好をしているツイッター映えのイラストが付いたツイートが廻ってきたことがあるのでございますが、まさに「それな!」と云う感じw
誰だって溜息つくときとかうんこするときとかに決めポーズとか極めないですよね?
そんなときにいちいち決めポーズとか考えたり整えたりしてたら疲れるじゃないですか。
ラクくない。

あと、幽霊の正体見たり枯れ尾花と云うか、自分の感情のモヤモヤしてる部分とか、文章に起こすと整理出来たり解消出来たりしますよね。
これって精神衛生の良好な状態を保つのにとても良い。

わたくしは一時期ものんすごく精神のバランスを崩していたことがありまして。
でもいまはナントカなっていて。

その不調をナントカする過程において、作文って凄く有効だったと思っております。
だから、メンタル的に不調そうなひとを視ると「ブログとか書くといいよ~」と云ってしまったり。

まあ、作文に効果があるかどうかはひとによるのでしょうけれどもね。
わたくしにとっては有効だったので。
そして、お絵描きやおさしんは、わたくしにはさして有効ではないらしいのですな。

そんなこんなで。

SNSに他者との繋がりを求めるひとが多いと云われているこの世の中で、わたくしはSNSには排泄以上のモノを求めてはいないらしいです。
なので。
インスタやピクシブは今後もあまり活用はしないかと。

ま、ツイッターもブログも現状ではお猫様観察日記と化しておりますがねv(・∀・*)



Posted on 2018/01/13 Sat. 12:14 [edit]

category: 徒然

thread: 日々の出来事 - janre: ブログ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ashvoid.blog.fc2.com/tb.php/235-b34f6072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

あしあと

QRコード